ホームページ作成に関する情報を紹介しています。もし良かったら覗いていってください!

ホームページ制作ソフト

IBM【ホームページ・ビルダー】とMacromedia 【Dreamweaver】

IBM【ホームページ・ビルダー】と【Macromedia Dreamweaver】のホームページ作成ソフトの2大巨頭をご紹介していきます。
実際には、ホームページ制作ソフトは色々な会社から出されています。市販されている物でも10以上出回っているのですが、このサイトでは、ホームページ制作ソフトとして一番売れている【IBMホームページ・ビルダー】と、プロの使用者が多い【Dreamweaver】を比較してみたいと思います。どちらもホームページを制作するための市販されているソフトです。

ホームページ・ビルダー Version 11

ホームページ(Webページ)作成ソフトと言われたらまず上げられるのが定番中の定番「ホームページ・ビルダー」でしょう。使い勝手がよく、初心者にも安心して使うことが出来ます。現在では手軽なブログ(ウェブログ)が大人気になっており、ブログ向きではない内容のものまでブログで制作されています。そのためか「ホームページ・ビルダー」自身がブログ制作用ソフトとして対応している状態です。
「ホームページ・ビルダー」は、使う方の成長に合わせて使い方を変化させることが可能です。初心者の方であれば「かんたんモード」や「どこでも配置モード」を利用し、HTMLやタグなど専門的なことを知らなくても、感覚的にホームページを作成することができます。
中級者になると、今度はやりたいこと、工夫したいことが出てくると思いますが、そんなときは「スタンダード」モードでHTMLの構造を学んだり、さらに「スタイルシートマネージャー」でCSSのルールなどを勉強したりすることで、新しいWeb表現にチャレンジしていくことができます。

ホームページ・ビルダー Version 11の特徴

長所
* 使いやすいホームページ作成ソフトです、初心者の方には特におすすめです。
* 今回のバージョンUPで一番のポイントは多国語処理が可能になった事です。更に使えるホームページ作成ソフトとなりました。
* ページ編集で簡単にページの編集が出来る。
* 価格が安い。 (1万円以下で購入可能)

短所
* タグを手打ちで入力するのが面倒くさい。
* 不要なタグが入りやすい。
* ページ編集でCSSを使用し、レイアウトをした場合レイアウトが乱れる。

総合評価
趣味でホームページを作成するレベルなら十分な機能を持ったソフトで、初めてホームページを作成する方でも簡単に作成する事が出来ます。しかし、CSSを使用し、レイアウトする場合にはお勧め出来ません。

Dreamweaver CS3

Dreamweaverの最新版【Dreamweaver CS3】についてご紹介していきましょう。
Dreamweaver CS3は、Dreamweaver8からの後継版にあたり、Dreamweaver8からDreamweaver CS3とアップグレードされたものです。ちょっとした概要をアドビとマクロメディアというどちらもホームページ制作ソフトを販売していた会社なのですが、なんとこの2社が合併して作られた出来たソフトです。(Dreamweaverというホームページ制作ソフトは以前からありました。)
会社合併後のアドビブランドでの初のリリースとなるこの最新版「Dreamweaver CS3」はPhotoshopとの連携が可能となりました。ですが、このソフトは中級者向けに作られています。HTMLの知識を持っていない人では、ホームページ完成まで辿りつく前に諦めてしまう場合も…

Dreamweaver CS3 の特徴

長所
* CSSを使用しサイトデザインする場合も、デザインビューで確認しながら作業が出来て、レイアウトが乱れない。複雑な CSS でも問題なく表示します。
* 複数のブラウザでデザインの確認が出来る。
* タグを手打ちで入力する場合も、コード編集機能で早く確実に入力出来る。
* プロ用ホームページ作成ツールの定番になっている
* グラフィックデザインツール「Photoshop」「Fireworks」との連携が可能。Dreamweaver CS3では、Photoshop、Fireworksで書き出したい画像を選択しコピー、Dreamweaverで編集中のWebページに直接ペーストすると、[イメージプレビュー]ダイアログボックスが開きます。

短所
* HTMLの知識が無いと操作が難しい。逆にHTMLの勉強にもなります。
* 初心者には扱いが厳しすぎる感があり、ホームページ完成まで辿りつくのが困難
* 価格が約5万円と高価。

総合評価
初めてHPを作成する方にはオススメできません。(HTMLの知識があれば大丈夫)
しかし本気でHPを作成したい方、勉強したい方、仕事で使用する方には、お勧めできる機能が満載です。

Favorite

2015/5/14 更新