ホームページ作成に関する情報を紹介しています。もし良かったら覗いていってください!

ホームページの仕組み

ホームページが見える仕組み

ホームページが見える仕組みについてご説明していきましょう。
まぁ簡単に言うと、インターネット網を使って、他のコンピューター(サーバー)にあるデータを、皆さんが使っているパソコンに持ってきて始めてホームページを見ることが出来るのです。これが、ホームページの見える仕組みです。ちょっと説明の手抜きしすぎたでしょうか? 確かにこの説明だけでは分かりにくいですよね(笑)
この説明で理解できている方は多分自分のホームページを持っている方ではないでしょうか?
あまりに手抜きしすぎましたので、簡単ではございますが、ホームページを見える仕組みや構造を勉強してみましょう。

続・ホームページが見える仕組み

先ほどの説明が手抜きしすぎましたので再度ホームページを見える仕組みについて、ご理解頂こうと思います。
インターネット (World Wide Web : WWW) を利用して、皆さんがご覧になっているホームページとは、いったいどういった仕組みで、見ることができるのでしょうか?その謎をご説明しましょう。

ブラウザーの役割

皆さんが日ごろご覧になっているホームページのデータというのは、それは作った人のパソコンの中にあるのではなく、国内のほかのコンピューターもしくは、海外のほかのコンピューターにあります。皆さんは、Internet Explorer や Netscape Navigator などの>「ブラウザー」と呼ばれるソフトウェアを使って、インターネットを閲覧しているのですが、このブラウザーが、インターネットに接続し、データの入っているコンピューターに対して、ホームページのデータを渡すように要求し、皆さんのコンピューターにホームページのデータを運んでくることで、自分のパソコンでホームページを見ることが出来るようになっているのです。ブラウザーが他のデータの置いてあるコンピューターにホームページのデータをもらってきます。
なので、もし皆さんのコンピューターがインターネットにつながっていない状態であれば、インターネットでつながっているほかのコンピューターに対して、ホームページのデータを渡すように要求するなんてことはできないですから、ホームページが見れない (インターネットが見れない) ということになるわけです。

WWWサーバーへのデータ保存

皆さんがホームページを作る際には、インターネット網に接続されているコンピューターに、自分で制作したホームページのデータを置いておくことが必要となります。そこに置いておくことで、皆に自分のホームページを見てもらえるようになるわけです。
ここまでの説明だけを聞くと、最近市販されているパソコンのハードディスクの容量も増えているので、自分が使っているパソコンでも、データを置いておき、自分のホームページをいろんな人に見てもらうことが可能と思うかも知れませんが、実は、ホームページのデータを置くコンピューターには、特殊な装置や設定がなされているので、これを個人で行うには相当な知識を必要とします。

CLOUD LINEを使ってホームページを作成しませんか?だれでも簡単に作成できます。

データを置いておく目的のためのコンピューターのことを、WWW サーバーと呼ばれ、皆さんがお使いのインターネット接続プロバイダーや、様々な業者によって、非常に安価に (時には、無料で) 提供されています。
WWWサーバーにホームページのデータがあります。 そして、ホームページのデータは、基本的には、HTML (Hyper Text Mark-up Language) と呼ばれるある種のプログラミング言語 (実際は、記述言語と呼ばれております。) を用いて、作られています。この HTML を利用して、画像を表示するようにブラウザーに命令したり、他のページへと飛ぶようにブラウザーに命令しているのです。
インターネットの仕組みの説明だったのですが、読み返してみると結構専門的な用語を沢山使ってしまっていて、ちょっと難しかったかもしれません…(すいません)
ですが、ご理解頂けなかったとしても、当ホームページでは、ホームページ作りを出来るだけわかりやすく順を追って解説してまいり最後までお付き合い頂けたらと思います。

check

天然石ビーズ パワーストーン

最終更新日:2017/11/24